『古代史逍遥』dropout

古代史についてのホームページを運営しています。このブログでは、HPに載せられない事柄や、ちょっとした感想などを自由気ままに書いています。もしかするとその中に、真実が隠されているかもしれません(^J^)

桜井市鳥見山に鎮座する等彌神社と宗像神社

f:id:hikona2:20190704010749j:plain

上ツ尾社拝殿


三輪山大神神社周辺のことについて

何回にも渡り書いてきましたが、

昨年には奈良県桜井市の鳥見山に鎮座する

等彌神社と宗像神社も訪れました。

奈良で参拝した神社は

参拝の理由が概ね一貫しています。

それは、自分の古代史探求の発端である千葉県北部の古代印波国の関連地です。

これまでの記事を整理すると、

①印波国造が多氏族だとされている事から、

田原本町の多神社(多坐彌志理都比古神社)。

②多氏族の系譜や多神社の位置から、

三輪山との関連が言われているので、大神神社とその関連地へ。

③多氏の始祖である神八井耳命墓所と伝わる八井神社(現八幡神社畝傍山北麓の山本町に鎮座)へ…。

 

なので、この度の等彌神社と宗像神社も、その一環となります。

ざっと説明しましょう (⌒^⌒)b

 

古代印波国(千葉県北部、印旛沼周辺)の地域に

特徴的な神社分布があるのは、

この辺の古代史に関心のある人なら周知の事です。

すなわち、麻賀多神社と宗像神社と鳥見神社が10社以上存在し、

各神社の分布域は厳然と区別されているというものです。

麻賀多神社は、成田市富里市酒々井町佐倉市八千代市に20社。

(全部で18社という情報が一般に流布していますが、

これは少々古い情報であり、

自分の現地踏査では20社存在します。

20社というのが最新情報ですので留意して下さい (•ө•)♡)

宗像神社は印西市白井市に13社。

鳥見神社は印西市白井市柏市に20社。

(茨城県河内町に1社あるが、それは下総国からの移住があったのである。)

 

※3社の境界は厳然と分かれているとの見解が各資料で見受けられますが、

自分の立地調査によると、各社の領域の境界部分で

多少の重なりあいが見られることは、

以前書いたと思います。

(書いたと思うのですが

、書いてなかったらスミマセン状態であることを、

一応お断りしときます ( ̄∀ ̄)  )

 

このような印波国の状況を踏まえて見ると、

奈良県桜井市鳥見山は非常に興味深い所となります。

印波国の鳥見神社は饒速日命主祭神としていますが

桜井市鳥見山周辺も饒速日命の伝承地であり、双方の関連は明白です。

等彌神社も「とみ」ですから、関連社になります。

(ただし、等彌神社は饒速日命を御祭神とはしていません。

しかし、検討して行くとそれには何の矛盾や不自然さがない事が分かります。

これに関して論じると長~くなってしまうので、

別の機会を設けたいと思います。)

このように、地名や関連氏族から双方の繋がりは明白なのですが

、更に興味深いことに、

桜井市鳥見山の北麓には宗像神社もあるのです。

印波の鳥見と宗像の両方が揃っている!

更に言えば、桜井市鳥見山は三輪山の南側の至近にあります。

三輪山に多氏族が関わっているとすれば、

印波国には多氏族創建の麻賀多神社があるので、

印波国の特徴的な3社に関わる神域が、

奈良県桜井市に全部揃うことになります。

これは行かないわけにはいきませんね!

 

ということで行って来たのですが、

長くなりましたので、鳥見山周辺探訪記は次回から ∠( ˙-˙ )/

f:id:hikona2:20190704010753j:plain

一の鳥居

 

 

 

古代史に関するホームページを作成中です。

こちらもご覧下さい。

iniparu.jimdo.com

 

大物主神 それはハイブリッドの神様?

f:id:hikona2:20190518212337j:plain

  三輪山登拝口(狭井神社境内)

 


これは、自分的に思い付いた事の忘備録です。

精査して書いているものではありません。

予めお断りしておきます (^^)/

 

大神神社の御祭神

大物主櫛甕魂命…

この御神名について考えています。

それには古代三輪山を巡る政治的事情が

深く関わっていると考えました。

時代を追って自分の考えた概要を提示してみます。

まず、東の三輪山から昇る太陽の原始信仰があったと思います。

そして、その地にいつの頃か、出雲系の人達がやって来ました。

大和地方の出雲が先なのか?

島根県の出雲が先なのか?

答えを出すのは難しいですが、

島根県に「みむろ」と呼ばれる山があるのを知りました。

雲南市須賀の御室山。

須賀神社の奥宮とされ、

その昔、須佐之男命が室を作って住んだと言われるらしい。

奈良県三輪山の別名を「みもろ山」又は「みむろ山」と言いますが、

その理由を解説したものを読んでも、

何かしっくり来ないものばかり。

実はその出所が、

この出雲の御室山ではないのか?

現在杵築大社のあるところは、

古代でも比較的新しく開発された所で、

実は出雲勢力の大元は、

この須賀神社辺りであるらしいですね。

そうすると、やはりこの辺りから、大和へということなのでしょうか?

その出雲系の人々が、

元々の三輪山の神に自分たちの神を重ねてお祀りするようになった。

 

さて次は大和の出雲系の人々と三輪山の関係についてです。

大和を含む広範囲に勢力を持っていた出雲系の人々は、後から侵入した神武天皇に象徴される一族に圧される結果となります。

しかし新興勢力は、土地に絶大な影響力を持っていた彼らを、全くのないがしろにすることは来ませんでした。

それらを否定することは、人心の離反を招き、今後の統治に差し支える事は目に見えていました。

新興勢力は、三輪山祭祀を継続したのです。

旧勢力の神も手厚く祀り、それによって人民に認めてもらう事により無駄な混乱を避ける。

これは、秦始皇帝が行い項を奏した手法でもあります。

「混乱を避ける」という意味では、第二次世界大戦後に日本の天皇制の存続を選択した米国のやり方にも似ていますね。

 

しかし、旧来のままの方法で行うのは危険です。祭祀権のある氏族が勢力を拡大し、いずれ脅威となる恐れがあります。

そのため、複数の氏族に分担させたのではと考えました。

その考えの発端となったのは、

三輪山麓の祭祀遺跡です。

大規模な祭祀遺跡が3つ確認出来るそうです。

そして、三輪山の頂上へ至るまでのにある磐座は3つ。

3つの鳥居を合わせた形の三鳥居。

それは、大神神社の祭神が配神の大国主命少彦名命を合わせて三柱であることとも符合しています。(ただ、各磐座にこれらの神格を当てたのは、割合新しいことなのではないかと思いますが。)

 

これは、三輪山祭祀に3つの氏族が関わった事を表しているのではないか?

 

次に、その3つがどの氏族かです。

まず筆頭は物部氏

出雲勢力下で元々の三輪山祭祀を行っていたのは、物部氏だと思われます。

「大物主櫛甕魂命」の神名には、「櫛」や「玉(魂)」という物部氏の祖神(天照国照火明櫛玉饒速日命)の要素が多く含まれ、「物」という文字も使われています。物部氏は古くから「目に見えない事象=物」を扱っていました。

そして、大三輪氏。

崇神天皇の時代に新たにオオタタネコを迎えての大物主神祭祀が始まりましたが、オオタタネコの子孫が大三輪氏です。

オオタタネコの逸話は、やがて三輪山祭祀の主流が大三輪氏になったことを表すのかもしれません。

もう1つは、多氏。

多氏は、田原本町に多神社があり、それは三輪山を意識した位置にあることから、三輪山信仰の氏族であったには違いないのですが、多神社は距離的に少し離れていて、山麓の祭祀遺跡と関わるのかどうか…と最初は思いました。

しかし、大物主神の神名に「甕」が含まれていることから、それが多氏の要素ではないかと思ったのです。

「櫛」や「玉(魂)」は、物部氏の祖神ニギハヤヒの神名に含まれる物です。

その「櫛魂」に割り込む形で「甕」が入っている。

多氏の出自が九州だとすると、そこは甕棺墓などの「大甕」文化の地でした。

その前身は多氏族が創始したと思われる鹿島神宮の祭神「武甕槌大神」の神名にも「甕」が使われています。

多氏も最初は、三輪山麓で祭祀を行っていた一員だったのではないだろうか?

それが、あるきっかけから祭祀場を多神社に移したと予想しました。

それは、弟に天皇の座を譲り、自らは祭祀王となった神武天皇皇子の神八井耳命の逸話に秘密がある。

しかし、話が反れるのでこれはまた後日にしましょう。

 

※文中では分かりやすいように、単純に◯◯氏と表現しましたが、この時代にこのような氏族の別が明確にあったかどうかはわかりません。この後に役割が変わって行く過程で氏族名と言うものも出来て来たのではないかと考えます。

「果たして氏族名というものが、いつ頃からあったのか。さほど古い物ではないのではないか?」という見解もあり、然りと思います。

3世紀、4世紀の事を語るのに、あたかもこの頃から後世と同様な氏族名があったように語るのは間違えで、敢えて言うなら「◯◯氏の祖」と言うべきなのかもしれません。

 

ここまで書いてきて、

更にもう一歩考えが進みました。

三系統の集団による祭祀という事には変わりないのですが…

 

① まず最初の原初的信仰がありました。(太陽祭祀)

② ①と出雲系の神が融合する。(この時点では、

  出雲系が新興勢力となります。旧勢力とは、長脛彦らの勢力か?)

③ ②に次の新興勢力の祭祀も重ねられる。(この勢力は、三輪信仰に二通りの

  意味を持たせたと思われます。それは、三輪山自体の信仰に

  天皇霊の信仰を付加したということです。)

 

①はすでに②の段階で融合して物部氏の祖が行い、

③を大三輪氏と多氏が行ったと考えました。

 

もしそうなら、

「倭大物主櫛甕魂命」とは

最終的にいくつもの神格を併せ持つに至った

言わばハイブリッドの神様。

「倭の神の中の神」「最強の神」と言われるのも

最もなのであります!

 

最初に書いたように、

これはまだ考え中の事柄です。

不備な点はご容赦を (´・ω・`)

 

 

 

古代史に関するホームページを作成中です。

こちらもご覧下さい。

iniparu.jimdo.com

 

 

 

 

 

磐座幻想・大神神社から玄賓庵への道

大神神社周辺…。

前回の投稿以降、何を書いていいのかわからなくなっています。

プチスランプであります (´・ω・`)

 

なので、大神神社から玄賓庵へ到る道の摂末社の2社を紹介します。

 

2社とも磐座を御神体とする社です。

 

  磐座神社(御祭神 少彦名命

f:id:hikona2:20190417234818j:plain

f:id:hikona2:20190417234956j:plain

 御神体の磐座

f:id:hikona2:20190417235148j:plain

 

 

 貴船神社(御祭神 淤加美神) 

f:id:hikona2:20190417235625j:plain

f:id:hikona2:20190418000744j:plain

   御神体の磐座

f:id:hikona2:20190418001744j:plain

f:id:hikona2:20190418001924j:plain

 

もう一つ、暮れ方に撮ったちょっと怖い写真が捨てがたいので…

写真としては失敗作ですが (-"-)

f:id:hikona2:20190418002336j:plain

 

磐座神社の説明書きに

「社殿がなく、磐座を神座とする形が原始の神道の姿を伝えています。」

とあります。

 

「太古の信仰は、地球自体を祀るものだった。」と言う人がいました。

それが神話では、国常立神で現されていると…。

壮大です!

それを聞いて、自分は即座に納得してしまいました。

太古の信仰である磐座とは、

地球そのものを祀る為に用意された装置なのではないかと。

地殻の代用としての岩石です。

 

 

 

古代史に関するホームページを作成中です。

そちらもご覧下さい。

iniparu.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

大神神社摂社・狭井神社

f:id:hikona2:20190318015655j:plain

  狭井神社拝殿

 

f:id:hikona2:20190318015852j:plain

  大神神社から狭井神社への道


大神神社から山辺の道を北へ進むと

摂社の狭井神社があります。

山辺の道もここまでは、

大神神社の境内と言ってもよい道です。

 

正式名は狭井坐大神荒魂(さいにますおおみわあらみたま)神社で、

主祭神は「大神荒魂神」。

そしてその本源は拝殿左奥の霊泉で、

飲めばあらゆる病も癒えるという…。

〝万物(よろずもの)の病もたちどころに祓い清め…〟

龍神祝詞の一節が思い浮かぶ。

 

f:id:hikona2:20190318020306j:plain

 御霊泉汲み場

 

そして、4月には鎮花祭が行われることから

別名「花鎮社」とも言われますが、

その意味は、

花の季節に厄神が疫厄をばらまくので

それを鎮めるための祭礼です。

ここは心身に降りかかる厄病を祓うことを

祈願するお社なのです。

大神神社も医薬の神とされる大己貴神少彦名神を配神として

御神徳を同じくしています。

 

狭井神社のその他の御祭神は

大物主大神、姫蹈鞴五十鈴姫命、勢夜陀多良比売事代主命

大物主神を中心とする所謂三輪系神話の面々ですね。

おそらく、この霊泉を守っていたのが

出雲を出自とする姫蹈鞴五十鈴姫命の一族で、

彼らは薬草等の知識も豊富であった…。

神武天皇はその一族との提携を計り、

姫蹈鞴五十鈴姫命を后妃に迎えました。

彼らの医療技術、古くからこの地を治めていたという

堅牢な基盤が是非とも必要だったのです。

そんな古代の風景も

思い浮かべることの出来る狭井神社なのであります  (^^)d

 

狭井神社の拝殿横に三輪山への登拝口があります。

300円をお納めして、襷と杖をお借りして入山します。

一度登拝させて頂き、毎年一回は登りたい!

と思ったものの、なかなか難しいです。(´・ω・`)

機会を見つけてまた登りたいと思います。

 

f:id:hikona2:20190318020713j:plain

狭井神社を過ぎると、山の辺道は道幅も狭まり、

玄賓庵や檜原神社へ向かいます。

 

 

古代史に関するホームページを作成中です。

こちらもご覧下さい。

iniparu.jimdo.com

 

箸墓 画像集

この回は、箸墓を訪れた時の写真です。

たくさんあります (^_^)/

一部は前回の記事とだぶります。

 

1回目(実は初めてではなかったのですが…)は生憎の小雨でしたが、それが思いもかけず功を奏して、三輪山と箸墓の誠に幽玄な写真が撮れました。

晴れも良し、小雨もまた良しです。

 

  以下三枚。小雨降る日の箸墓と三輪山

 

f:id:hikona2:20190218020933j:plain

f:id:hikona2:20190218021017j:plain

f:id:hikona2:20190218015215j:plain

 

 

  雨の上がった二日後に撮影。

f:id:hikona2:20190218021308j:plain

 

f:id:hikona2:20190218021510j:plain

f:id:hikona2:20190218021548j:plain

 

 

  纏向遺跡からの箸墓

f:id:hikona2:20190218022146j:plain

 

  国道169号線から。三輪山と箸墓。

f:id:hikona2:20190218022334j:plain

 

 

JR桜井線に乗ると、三輪駅と巻向駅の間で箸墓がすぐ近くに見えます。

なので、最初は他の予定もたくさんあったこともあり、電車からこんなに良く見えるのだから、それで見たことにしようかな…とか思ったりしていました。

しかし、それはとんでもない間違えでした。

次に訪れた時に、やはり降りて見るべきだと思い、電車を降りたのです。

本当に、降りてこの地に立たなければ分からなかった!

箸墓から三輪山二上山がどのように見えるか…。

そして、その土地全体から伝わって来る気配。

電車から見ていただけでは、何も分からなかったと痛感したのです。

これから、箸墓を見ようと思っている皆さん。電車から見えるからと言って満足せず、必ず現地に足を運ぶ事をお勧めします 

!( ̄- ̄)ゞ

 

 

古代史に関するホームページを作成中です。

こちらもご覧ください。

iniparu.jimdo.com

倭迹迹日百襲姫命と三輪神の神話

f:id:hikona2:20190218015215j:plain

  箸墓全景(北西側から)

 

前回の記事の末尾に「倭迹迹日百襲姫命三輪山の神の話の感想」を次回に書くと言いながら、すっかり忘れてだいぶ日にちが経ってしまいました (^_^;)

さて、なんだっけ?

前回は日食と邪馬台国の話に言及し、長々となってしまったのでしたが…。

 

今回のは、他愛もない個人の感想と思っていただければ幸いです (^^)v

 

古事記のこの部分を読むと、

三輪の神ったらちょっと驚いたくらいでキレて何なの?

もう少し寛大でもいいのにねぇ…とつい思ってしまうんですが、

前回書いたように、もしこれが日食を表す神話だとしたら、

神が怒らずに、

「なんだよー。このくらいで驚いて。わざわざ怖くなさそうな小蛇になったのに、しょうがないなぁ」と言い、

空に昇らず、倭迹迹日百襲姫命と朝ごはんかなんか食べていたら話が進まないわけで…。

なので、強引に空にかけ昇る展開にしてしまったために、こんな短気な神様みたいになってしまったのでしょう。

ということは、「この不自然さからしても、これは日食神話に違いない!」

とこれまた無理やりにそっち方向に持って行ってしまいたいところですが、それは置いといて、

この「小蛇」というのがまた気になるわけですね。

三輪の神が蛇ならば、大蛇のはず。

蛇がとぐろを巻いて七巻きしたのが三輪山である…という話もあるし。

「小蛇」に関しては、

何か難しい理由を述べている著作もあったかと思うのですが(何に書いてあったのか忘れました)、

私としては、

これは神の優しさではないかと…

大蛇だったら、驚き怖がることは必至である。でも、正体を明かすと言ったからには、嘘の姿ではダメ…。

そうだ!蛇でも小さければ、怖がらないに違いない!

と、優しい三輪の神様はお考えになったのです。

本当に優しいんですよ。

三輪の神様は!

 

しかし、姫は驚いてしまいました。

しかも、よりによってそのせいで死んでしまったのです!

 

悲しんだ神様は、

彼女の墓を作るのに一役買いました。

箸墓は、夜は神が作ったのです。

本当に激怒したなら、

こういうことはしないでしょう。

 

さて、この箸墓築造の記述のもう1つのキーワードは二上山です。

墓に用いる石は二上山から運んだのです。それは、人々が手渡しで運びました。

 

何故二上山なのか…

それは、太陽信仰において、三輪山と対になる山だからです。

箸墓の被葬者は定かではありません。

倭迹迹日百襲姫命の墳墓だというのも伝説の域を出ないものです。

しかしながら、

三輪山二上山の太陽信仰に関わった者の墓域であることに間違いないと思います。

 

箸墓のほとりに立つとそれが良く解る。

二つの御山の間に位置し、

三輪山に寄り添うように横たわる箸墓。

 

そして被葬者は必ず女性である!という直感。

直感…これは学問的にはNGなのですが、

私はその時、現地でわけのわからない確信をしたのでありました。

f:id:hikona2:20190218015813j:plain

  三輪山と箸墓後円部

 

 

古代史に関するホームページを作成中です。

こちらも参考にしてください。

iniparu.jimdo.com

 

 

 

 

大神神社摂社・神御前神社

f:id:hikona2:20190118235217j:plain

f:id:hikona2:20190118235331j:plain



神御前神社は、

桜井市茅原の三輪山の麓にあります。

大神神社の摂社ですが、

神社からは少し離れて、

山之辺の道からも反れているので、

この社の存在は不覚にも

知らなかったのです。

御祭神は倭迹迹日百襲姫命

大物主神の神妻です。

こんな重要なお宮を知らなかったとは!

不覚であります(○_○)!!

 

さて、それなのに何故ここを知ることが出来たかというと、

前回の投稿で紹介した茶店の「花もり」のご主人に

この近くにある「富士、厳島神社」の事を教えてもらったので訪れたところ、「神御前神社」も発見したのです。

 

倭迹迹日百襲姫命大物主神との逸話や、箸墓古墳が彼女の墓所とされていることは、今さら語るまでもないと思いますが、それに関して自分の思うところを二三述べてみようと思います。

これは、なるべく気楽に書こうと思って始めたブログなので、

思い付くままランダムな列挙です(^_^;)

 

お姿が見たいという姫の願いを聞いて

神は小蛇の姿で

櫛笥の中に入っていましたが、

それを見たヒメは驚いて

悲鳴をあげてしまいます。

神は自分に恥をかかせたと言って、

「大虚(おおぞら)を践(ほ)みて、御緒山に登ります。」←「」内は日本書紀の文章。

 

この「大虚を践みて」が気になりました。

姫の居室から神は空へとかけあがり、

姿を消したのです。

三輪山の神が、

元々は原初的な太陽神であったことは、

以前も書きましたが、

神話のこの部分の描写は、

太陽が隠れてしまったこと…

すなわち日食を表しているのではないかと

考え始めています。

そこで自ずから脳裏に浮かぶのが、

松本清張氏の示唆的な見解。

邪馬台国卑弥呼が没したとされる頃に

日食があり、それが彼女の死に関係しているのではないか…という考えです。

その頃、実際に日食があったようです。

二年続けてあったとも…。

また、一回は日没日食だったとも…。

日没日食!

古代の人々にとって、それはなんと恐ろしいことだったか!

昼の日食なら、太陽は数分で姿を現します。

しかし、日没日食は黒くなった太陽がそのまま沈んでしまうのです。

もう永遠に暗闇が続くのかもしれない恐怖に包まれたことでしょう。

朝になって、いつものように太陽が昇るのを見た人々の喜びは、現代人の想像を遥かに越えるものだったに違いありません。

しかし、その時には日神を祀る巫女はこの世にありませんでした。

何故なら、太陽が消えてしまったことは、

巫女の神祀りの失敗とされるはず。

巫女は責任をとって自害。

松本清張氏は、「殺害されたのでは?」と言っていたとも記憶します。

 

倭迹迹日百襲姫命=卑弥呼説。

これは難し過ぎて、正否を断言出来るものではありません。

しかし、松本清張氏の卓見と、神話に日食を思わせる記述があること。

更に、大和政権以前の三輪山祭祀が、太陽神を祀るものだっったとしたら、それは邪馬台国の時代に符合します。

f:id:hikona2:20190118235525j:plain

     三輪山と神御前神社の社殿
 

 

 

最初、自分は邪馬台国九州説をとっていましたが、現在は近畿説に傾いていることを申し上げておきます。

それは、以下のような理由ですが、上記の日食の件も加わり、それは強化されました。

 

理由①  魏史倭人伝が書かれた頃の中国地図は正確ではなく、日本列島がもっと南北に長く描かれていたと聞きました。そうすると、これまで再三議論に上がり、その通りに進むと鹿児島沖に突き抜けてしまうとされていた邪馬台国までの行程が謎ではなくなります。伊都国から、瀬戸内海等を経て近畿へと至る行程となります。

理由② 国の都は大陸と行き来しやすい九州が妥当と思っていましたが、連合国である邪馬台国は広範であったはずで、それならば便利だけども侵略もされやすい九州ではなく、主要部はもっと内陸に置いたのではないかと思ったこと。海外との窓口である九州には、ちゃんと国の重要な機関が設けられていました。それが伊都国の一大率です。

邪馬台国に関しては「女王の都するところ」だけが重要視されやすく、九州ではないと言えば、九州の方はガッカリされるのでしょうが、そんなことはないと思います。九州は海外への窓口として発展し、もしかすると文化的には都よりも先進地域だったかもしれません。現代においても、私は福岡にそういうイメージを持っているのですが、どうでしょうか?

 

倭迹迹日百襲姫命大物主神の神話について、また別の感想を書こうと思っていたのですが、邪馬台国の話でとても長くなってしまったので、次回に回します \(__)

ほんとはそっちをメインに書く予定だったんですわ~。

「実は優しい三輪の神」のお話として…。

f:id:hikona2:20190118235827j:plain

  茅原付近から大神神社大鳥居を見る。

 

古代史に関するホームページを作成中です。

そちらもよろしくお願いします。

 

iniparu.jimdo.com